Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

     22、賭場

 次の日9月15日、刻は暮6つ半(19時)松崎は両刀を束ね長屋を出た。行き先は永代橋近く佐賀町にあった。


 形ばかりの門構え。直ぐの玄関には、左右に提灯が灯されていた。提灯には丸の中に仁の文字が記されている。


 深川の中心部に勢力を持つ、博徒仁兵衛の家である。入口に立つ二人に挨拶され、中に入って行った。


「先生、今夜もよろしくお願いしやす」


「もう、2年になるな」


「おかげさまです。何事もなく、毎月大花会が出来ますのは先生のおかげです。これからもよろしくお願いいたしやす」


「うむ、実はな、事情が出来て川越に行く。来月からは出来ない」


「先生、それはどう言うことです」


「そう言うことだ。すまんな」


「わかりやした。お聞きしません。いつお帰りですか?」


「多分、2、3か月で戻る」


「お帰りになったら、またよろしくお願いしやす」


「俺が必要か?」


「当たり前でございます。この2年間もめごと一つ起きませんでした。先生にお座りいただいてるおかげです」


 言いながら、仁兵衛は5両の包み紙を差し出した。


「では、行って来る」


 松崎はその金を懐に入れると立ち上がった。玄関を出ると左に進む。1町程行って左に曲がり、その先を右に進んだ。


 丁度、仁兵衛宅の裏手に当たる。小さな平屋である。人は妾家と言った。今は空き家。賭場はここで開かれていた。


 家の周りは板塀に囲まれている。木戸を開けるとすぐに玄関。その右に提灯を手にした男がいる。灯りはそれだけだ。


 その後ろに二人、左に二人立っているのが月明かりにわかる。訪れる者を提灯で照らし、客を確認すると中に入れた。


 今夜は毎月15日に開かれる大花会である。大店の旦那や上客のみの賭場。掛け金は10倍とされる。普段は別の場所で毎日開かれていた。


 玄関を入ると板敷と台所。次の間が4畳半と6畳の座敷。4畳半を帳場とし、6畳が賭場である。間は襖で閉ざされた。


 帳場の後ろに松崎は座っていた。客は松崎に必ず会釈をして帳場に入って行った。松崎は黙って頷いた。


 夜4つ半(23時)になると賭場は閉じた。今夜も何事も無く終わった。帳場を預かる竹蔵が5両の金包みを渡した。


「ありがとうごぜえやした」


 今夜の後金である。合わせて10両。それだけの価値があった。松崎が座る前までは、三月に一度は悶着が起きた。


 悶着があると客は離れ、しばらくは寺銭が減る。10両などは安いものだ。仁兵衛は計算づくだった。


 それだけに、松崎に川越に行かれるのは困った。次の日、子分に松崎を呼びにやった。しかし、出た後だった。


 一昨日の夜、おつるの顔が目に浮かび眠れなかった。小娘と言ったが、気になって仕方がなかった。そして、昨日も。


 朝5つ(8時)、松崎は市松屋にいた。


「先生、まさか、もうお発ちになられるわけではないですよね…。お帰りになったのは一昨日ですよ」


「見ての通りだ。川越に行って来る」


「お願いしたのはこちらですが、それではお体に障ります」


「ははは、そんな柔ではないわ」


「わかりました。それでは少々お待ちを…」


 市松屋は手文庫の中から切り餅(25両)を出すと、さっと袱紗に包み松崎に差し出した。


「これは、今月と来月のお願いする分でございます」


「いや、この前頂戴した。いらぬ」


「あれは、川越までお送り頂きましたお礼でございます」


 松崎はふと思った。これを拒否したら無報酬でなぜ川越に行くのだと思われる。なぜか胸が甘酸っぱくなった。


 昨夜までは、深川で4,5日ゆっくりしてから川越に戻るつもりでいた。野暮用を済ませほっとしていた。


寝床に入り目を閉じると、前の日と同じようにおつるの顔が浮かぶ。川越を送る時の、あの悲し気な顔が浮かぶ。


 思い出すと胸が痛くなった。このせつない思いは何だ。小娘ではないか。言い聞かせるが、色々思い出され目が冴えて来た。


 明け方決心した。今日、川越に戻ろう。


「わかった。頂戴致す」


 松崎は平静そうに言った。


「ありがとうございます。どうぞよろしくお願い致します」


 市松屋は座り直して深々と頭を下げる。


「何か深いわけがありそうだな」


「はい、以前お話致しましたが、山形屋さんの先代様に命を救われました。商いもお助けいただきました」


 一松屋は言いながら遠くを見るような目になった。


「市松屋の今がありますのは、先代様のおかげです。せめて、万分の一でもご恩返しがしたいのです」


「良く分かった。及ばずながら力になろう。それなら、金は要らぬ。拙者もまだ武士の端くれだ」


 松崎は袱紗を受け取らず立ち上がった。


「それでは、わたくしの立場がございません」


「立場か?その気持ちで十分だ。山形屋は守ってやる」


 松崎は市松屋を後にした。川越街道へ向かった。


                       つづく

次回は11月12日朝10時に掲載します