Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

           覚悟の失業 10.

 駅を出ると小雨が降っていた。濡れて歩いた。池田はアパートに着くと窓を開けエアコンのスイッチを入れた。

 直ぐにCDを捜し始めた。何よりも最優先だ。1000枚以上ある。整理しているつもりでもなかなか見つからない。

 ハイドンの驚愕はヨッフムの指揮を選んだ。次はエラの曲でリズ・ライトの歌うリーチング・フォーザムーン。

 ジャズボーカルは、数があるのでなかなか見つからない。窓を閉めてもう一度探した。幸いあった。

 今度はシャンソンである。金子由香里の再会やいかないでの入った盤にした。ドラマチックな歌唱である。

 探し出すと何だかほっとした。金子由香里のCDをセットすると浴室に行きャワーを浴び始めた。

 身体を拭きながら缶ビール出してステレオの前に座った。丁度、小雨降る径が流れている。

”あなたを待つ胸に降る…”歌が流れる。胸が苦しくなって来た。せつない。清水玲子の顔が浮かぶ。

 恋をしてしまったようだ。身の程を知れ。お前には無理だ。そんなことを考えては駄目だ。身の程を知れ。

 偶然、ハローワークで会っただけじゃないか。綺麗な人だから目についた。駄目とはわかっている。

 運よく一緒に食事が出来たからと喜ぶんじゃない。流れでそうなった。ただそれだけだ。身の程を知れ。

 そんなことを微塵にも悟られたら、もう会って貰えなくなる。そう思うと、なおせつなさが胸を締め付ける。

 ビールをごくごくと続けて飲み、缶を飲み干した。

 3本目飲み始めた。心が少し麻痺して来た。片思いが何だ。世の中にはいくらでもあることだ。

 それにしても片思いばかりだ。今回で3回目。始めは中学の同級生。次は高校の時、近所のお姉さんに恋をした。

 何だか恥ずかしくて、声すらかけたことが無い。幸いに、世の中には三度目の正直と言うことわざがある。

そのことわざ通りであれば、誰でも三度目の恋をする。はは(笑)、今回がその三度目だ。何だか元気が出て来た。

 3枚のCDは貸せば返して貰えるから又会える。そんな姑息な考えは止めた。いつでも聴けるようにコピーした。

 彼女がどんなに喜ぶだろうと思うと、コピーしながら心が喜びに溢れてくる。

 君が好きだ。偶然ハローワークであった時は、恋心などなかった。綺麗すぎて、対象外だった。

 それがお茶だけでなく、食事まで一緒にした。いつの間にか高値の花と思っていた人に、心を寄せてしまった。

 明後日が待ち遠しい。そうだ明日はワカバウォークに下見に行こう。そう決めると眠くなった。午前1時半。

 次の日、遅い目覚めで11時近かった。シャワーを浴びてアパートを出た。

 ワカバウォークに着いたのは、12時を少し回っていた。すぐにイベント広場に向かった。

 何のイベントも行われていなかった。近くのベンチに座った。何だかお腹が空いて来た。辺りを見渡した。

 えっ、池田は自分の目を疑った。清水さんがこちらへ向かって歩いて来る。自分に気付いていないようだ。

                                        つづく

続きは9月17日金曜日朝10時に掲載します