Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

    43.御前試合

 郡川藩江戸屋敷は、これから大試合が行われるというので慌ただしかった。明け六つ(午前六時)から人々は、動き回っていた。

 

 倉橋伝九郎は、郡川藩江戸屋敷控えの間にて、琢磨の一報を待っていた。遅くとも朝五つ半(午前9時)までには朗報が聞けると思っていた。


 戦って負ける相手ではないが、琢磨の恨みを晴らしたい。それは一石二鳥と考えていた。恨みとは笑止であるが、試合に欠場となればその恥辱は計り知れない。

 

 何があろうとも遅れも厳禁である。しかし、慎之介の屋敷入りはまだ無いようだ。


 その時、襖の向こうで、


「只今、早水慎之介殿ご到着になりました」


 と知らせて行った。


 まさかの不首尾であったとは、伝九郎は耳を疑った。


 琢磨はどうしたのであろう。万全の策であったはずである。狭い道で、五人が同時にかかれば慎之介に勝ち目は無い。まして、選りすぐりの浪人者である。


 万一の場合、深手を負わせ無くても良い。刃傷の後の御前試合は厳禁となるから、浅手でも良い。又、戦いが長引いて、時間に遅れても同じことである。


 道は一本である。慎之介は用心して遥かな遠回りをしたとしか考えられない。それを思うと、琢磨の心配よりも、小心者めがとほくそ笑んだ。


 試合は藩主本多宗近を中央に、左右に家老今田光義ら重臣が居並び、張りめぐされた幕内には、藩士が左右に四十名程床几に着座している。


 双方とも正眼に構えた。対峙距離三間にある。


 暫くにらみ合った後、両者はじりじりと間合いを縮めて行った。一間程に縮めたところで互いに静止した。


 その瞬間、気が満ちたのか伝九郎は、木太刀を擦りあげながら前に飛んだ。


 慎之介、躱しもせずそのままでいた。誰しも遅れを取ったと思った。


 流石に伝九郎の木太刀は早い。しかし、その木太刀は一瞬のうちに宙を舞っていた。人目には、伝九郎の木太刀は慎之介の前で自然に撥ね飛んだと見えた。慎之介は少しも動かず、慎之介の木太刀が動いたのも見えなかった。


 のめり込むように着地した伝九郎の頭上には、慎之介の木太刀が静止していた。


 試合会場の総員が、時間が止まったごとく無言でいた。


 坂江藩の指南をしながらの鍛錬が、天賦の力をさらに高めた。


慎之介の太刀捌きは通常人の目には留まらない。ここで、ようやく総員立ち上がった。声こそ上げないが、呻きに似た声と拍手が沸いた。鳴りやまない。


 伝九郎も流石であった。木太刀を拾うと、三方に会釈して下がって行った。


 慎之介は正座して、藩主宗近に万感を込めて会釈する。この試合の遠望深慮は宗近の描いたものであったからである。


 宗近は、慎之介に直々に声をかけた。


「近こう寄れ」


 慎之介はいざり寄った。


「これを取らす」


 宗近は腰から脇差を抜き渡す。慎之介は、必死に耐えた。脇差を押戴いたまま、両肩を大きく震わせていた。その時、父久忠の声を聞いた。


「慎之介」


 ただ一言であった。温かい声であった。


つづく

   44.慎之介の決意

 控えの間に、家老今田光義と江戸留守居役中沢左門が入って来た。


 席を下座に改め、平伏する慎之介に、


「顔を上げい!あっぱれであった。殿がことのほかお喜びなされ、直ぐにでも指南役を引き受けて欲しいと言われる」


 家老今田は、自分のことのように喜んでくれた。


 父久忠の生前、囲碁仲間で互いの家を行き来していた。慎之介も家老今田は、幼い頃から見知っていた。


「久忠殿も喜んでいるだろう。ところで、いつから帰藩していただけるかな?」


 家老も知っていたのだ。慎之介は返答に窮した。指南役を引き受ける考えはなかったと言ったら、嘘になる。慎之介の一瞬の間をとらえて、


「これまでの、生活のけじめも必要だろう。出来るだけ早く治めて来てくれ」


 家老は、にこやかに笑いながら、さらに続ける。


「帰藩の住まいは明日にでも、用意致して置く。しかし、妻子があるから、帰路に二十日はかかるだろう。二人をいたわり、身体を十分に気を付けて帰って来なさい」


 家老今田の温かい言葉だった。全てを承知しているようだ。


「日取りが決まったら、中沢に伝えてくれ」


 慎之介の返答は聞かずに、中沢と部屋を出て行った。


 慎之介の答えは決まった。


 本所の自宅への道は遠かった。人目が無ければ、走り出したい気持ちだった。


 遠くに見える自宅前に、小太郎が立っているのが見える。待っていたのだ。慎之介に気付くと、


「母上!父上のお帰りです」


 と大声をかけて、走って来る。


「父上お帰りなさい!」


 小太郎は両肩に飛びついて来た。慎之介は、咄嗟に刀を横にずらして、抱き上げた。見ると小太郎は泣いている。小さく声をしゃくりながら泣いている。


 小太郎には一言も話していなかったが、子供ながらに何か感ずることがあったのだろうか。慎之介は片手で頭を何度も優しく撫でた。可愛くて堪らない。


 家に入ると、綾乃が三つ指ついて、


「お帰りなさいませ。ご成就おめでとうございます」

 

 顔を上げない。上げられないのだ。小さな声で身体ごと泣いている。


「綾乃、心配かけたな」


 突然、綾乃は立ち上がると、慎之介の胸にしがみついた。


 小太郎の手前があるから、離そうとすると慎之介の胸を両手で叩く。顔は涙でくしゃくしゃである。


 僅か半日で、こんなにもやつれるものか、慎之介は、綾乃がせつなくてせつなくて、胸が張り裂けそうになった。


                                    つづく

    45.朝陽におむすび

 慎之介は綾乃を抱きしめた。華奢な身体を力いっぱい抱きしめた。


「すまない、心配かけた・・・・・」


 暫くそのまま抱きしめていた。


「綾乃、話がある。上がって話そう」


「これを神棚に上げてくれ」


 脇差を両手で捧げるように渡す。


綾乃はいつもの脇差とは違うので、ふと見ると、大小腰に差してある。三本差してあったのだ。慎之介はそのまま、仏前の前に行き、手を合わせる。綾乃は神棚に供えて手を合わす。そして、振り返り、


「お茶を用意して参ります」


「いや、後で良い。座ってくれ」


「小太郎も座れ」


 小太郎は綾乃の横にちょこんと座る。


「心配かけたが、父の仇は討てた」


「おめでとうございます」


 綾乃は、改めてお祝いを言う。


「武士を辞めるつもりだ。これから、この江戸で、三人で仲良く暮らして行こう」


「あのう・・・」


「どうした?綾乃」


綾乃はうつむいたたまま、


「もう一人、ここにおります」


 お腹を両手でそっと押さえる。


「なに!でかしたぞ!」


 慎之介は、思わず立ち上がり綾乃のお腹に耳を当てる。


「まだ、早うございます」


「男の子か?女の子か」


「それもわかりません」


「小太郎!兄弟が出来るぞ、お兄ちゃんになるんだぞ!」


「おいら、お兄ちゃんになるの?どうして?」


「母上のお腹に、弟か妹がいるんだよ」


「えーっ!凄いな!おいらに兄弟が出来るんだ」


 綾乃は嬉しそうに、


「お兄ちゃんらしくしようね」


「え、それどう言うこと?」


 小太郎は少し不安げに聞く、

 

「おねしょですよ」


「あーっ、言っちゃだめだよ。父上は知らないのだから」


「小太郎、知ってるよ。夜中に布団を、ふーふーと息を吹いているところ、何度も見たよ」


「え、そんな!ひどいな!父上見てたのですか」


「夜中に、ごそごそ音がするから、ねずみかな?と襖を少し開けてね。すると、大きなネズミがふーふーと、布団に息を吹いている」


 小太郎は、慌てて、慎之介の口を押える。


「大丈夫、母上も見たことあるから」


 綾乃は可笑しそうに手を当てて笑う。小太郎も照れくさそうに、


「おいら、お兄ちゃんになるのだから、もうしないよ」


 と自信なさそうに言う。そして、


「母上、お腹空いた!」


「あ、ごめんなさい。直ぐ支度しますね」


 三人しかいないのに、賑やかだった。四人になったらどうなるのだろう。


 慎之介が武士を辞めるには理由があった。


郡川藩に仕官すると、坂江藩と伝兵衛との約束を違えることになる。


 一方、郡川藩においては、指南役を辞退することになるので、藩主宗近の好意を無にすることになる。しかし、それは違う。遺恨を持って勝った者を指南役にすると、御前試合が遺恨試合になり兼ねない。まして、今回の場合は、藩士に事の成行きが知れ渡っている。


 宗近の心の内は慎之介へ称賛であったが、家老今田は藩政を考えたとき、慎之介の辞退を望んでいた。


 従って、家老今田の文言は一直線ではなかった。試合直後の控室では、称賛にそれを汲んだ言い回しであった。控え室を出て行く時の、家老今田の顔にそれが見えた。


 辞退した以上、坂江藩の指南は続けるわけにはいかない。郡川藩と坂江藩はあまりにも近過ぎた。


 一番大事なことは、綾乃と小太郎のことであった。二人の幸せを考えたとき、武家社会の諸制度に縛られた不自由さ、耐えられるだろうか。綾乃は武家の娘であるが、それでも藩が違うので一からのスタートである。


 江戸庶民の生活は、窮窮としていたが、生きる全ての自由を楽しんでいた。


 次の朝、慎之介は留守居役中沢を訪ねた。中沢は大変残念がると同時に、何度も引き止めた。

 慎之介が、藩主本多宗近と家老今田光義に宛てた手紙を、中沢に託すとやっと理解してくれた。


 慎之介は帰りに褒美の金子を渡された。


 中沢は家老今田から、これは帰藩の際の支度金だが、もしもの時は褒美として渡すようにと預かっていた。この時点で中沢には、家老の言う意味が分からなかった。今、その意味がわかった。百両の金子であった。


 その足で、坂江藩に挨拶に行った。留守居役井上は、郡川藩の指南役を辞退したことを聞き、坂江藩の指南を諦めてくれたが、藩主池田忠輝が、どんなに嘆くかと残念がった。


  続いて但馬屋を訪れた。伝兵衛が直ぐに出て来て、奥の間へ入った。


「おめでとうございます。お長い苦労でございましたな、何よりでございます」


 涙ぐんで伝兵衛は言う。心から喜んでくれている。


「ありがとう。色々ご心配おかけいたしました。お陰様でで無事仇を討つことが出来ました」


「それで、ご仕官はどうなさいました?」


「先程、断って来ました。武士を辞めることにしました」


「はて、それはどうしてでございます?」


「郡川藩では指南役を依頼されましたが、お世話になった坂江藩のこともあります。両方は難しい」


「それは勿体ないことを・・・・・」


「いや、伝兵衛殿、私には今の自由の身が性に合っています。ましてや、呉服屋さんは気に入りました」


「本当ですか?それでは、これからもお助けいただけるのですか?」


「伝兵衛殿さえよろしければ、そう願いたいと思っております」


「ああー、ありがたい。よろしくお願いいたします」


 伝兵衛は顔を上気させて喜んでいる。


「伝兵衛殿、今日から三日間は武士への区切りを付けたいと思っております。休ませていただいてよろしいでしょうか?」


「はい、十日でも一か月でもと言いたいところですが、一日でも早くお店に出ていただきたいと思います。お顔が見えないと心配なさるお客様が沢山いらっしゃいます」


 自宅近くになると小太郎が駆け寄ってきた。


「父上、お帰りなさい。おいらずーっと待ってたんだよ」


「お帰りなさいませ」


 綾乃も出て来た。


「ほら、団子買って来たよ。お茶でも飲もうか」


「わーい!そうだろうと思ってた」


「小太郎、団子を待っていたのか?」


「違わい!団子なんか嫌いだい」


「じゃ、小太郎は食べないんだな」


「嘘だよ、食べたいよー!」


 夕飯は鯛の尾頭付きで、お祝いのご馳走だった。


「綾乃、全て了解してもらった。但馬屋さんではこれまで通りお世話になることにした」


「それでは、これからは、毎日家に居られるのですね」


「そうだ、綾乃が嫌と言っても居る」


「私はそんな事言いません!」


 ぷんと拗ねて見せる。


「父上、おいら嬉しいな!絶対嫌じゃないからね」


 小太郎はにやっと笑って勝ち誇っている。


「まっ」


 と綾乃は小太郎を軽く睨む。慎之介は知らぬ振りをして、


「明日から、全てが新しく始まる。明日、朝陽を見に行こう」


 突然の話に、小太郎はびっくりして、


「どこに行くの?」


「どこに行くのですか?」


 綾乃も驚いて聞く。


「深川洲崎だ。明日は七つ半(午前五時)に起きるぞ。小太郎起きられるか?」


「あら、大変!用意をしなくてはいけませんね」


「急ですまない。よろしく頼む」


(江戸名所百景の一つで、歌川広重の木版画にもある。ここから江戸湾全景が見え、東から昇る朝陽が絶景であったと言われている)


「おいら、大丈夫だい!父上こそ寝坊したら、おいて行くよ。ねえ、母上」


「じゃ、今夜は早く寝ましょうね」


 宵五つ半(午後九時)小太郎はもう寝たようだ。綾乃の方を見ると、暗くて見えないが、小さな寝息が聞こえる。


 慎之介はそっと起き上がると綾乃の布団の中に入って行った。綾乃の甘い匂いがする。


「足が冷たいのです」


 綾乃は起きていた。慎之介は綾乃の両足を自分の足の中に入れた。綾乃の口を吸った。それから間もなく、綾乃は慎之介の侵入を受け入れた。


 明け六つを過ぎて辺りが少しずつ明るくなってきた。四半刻も歩いたので防波堤に着いたときは、お腹が空いて来た。


「母上お腹が空いた!おむすび食べたいよ!」


 小太郎がおむすびをねだる。


「よし、ここに座ろう」


 慎之介が真っ先に座る。両隣に綾乃と小太郎が座る。綾乃が竹の皮を広げて、二人に勧める。塩むすびだ。小太郎が真っ先に取る。


 寒い中だが、おむすびはまだほのかに温かい。うまい!


三人がおむすびと沢庵を、ポリポリ音をさせながら、食べていると。朝陽が揚がって来た。揚がり始めると早い。


 真っ白なおむすびに朝陽が当たり、黄金のように輝いている。三人の顔も輝いていた。


 慎之介はあまりの神々しさに、おむすびを置いて立ち上がり、柏でを打った。それを見て、綾乃も小太郎も、真似して柏でを打った。


 そして綾乃は、お腹を朝陽に向けて優しく優しく擦りながら、


「あなたも一緒よ」


 と声をかけた。


 朝陽に輝く家族四人の、愛に満ち希望に溢れる人生の始まりである。


                        終わり

☆長い間ありがとうございました。心から感謝致します。


 次回は1週休みまして12月19日から新作時代小説を

スタート致します。どうぞ、ご期待下さい。