Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

    14、奥方様

 親爺は七輪のめざしを返しながら、


「お静、何も隠してないよ。ただ、思い出すと早苗が不憫でな。つい考え込んでしまう。それがそう見えたのなら謝る」


「不憫に思う事とは何ですか?教えて下さい」


「それはな、兄として何もしてあげられなかったことだ」


「おはよう!おや?お静ちゃんどうしたんだ心気臭い顔をして」


「おはようございます。何でもありませんよ。今日はめざしよ!」


「おっ、良いね。めし大盛りにしてくんな!」


 客が入って来た。お静は叔父に聞いても無駄だと悟った。しかし、隠されたことがあることを確信した。


 いつもの明るい顔に作り顔をして、


「言わなくても大盛りわかってるわよ。違う時言ってね。小盛りで良いとか」


「おいらが小盛りと言うときは江戸が無くなる時だよ!」


「馬鹿言うんでねえ!銭がねえときだろうが。仕事にあぶれてな」


「おんや、減らず口叩きやがって!おいらが将軍様の落とし子と知ってのことか!」


「ひょっとこみたいな顔しやがって!馬の落とし子ならわかるぜ」


「なんだあ!馬の落とし子?」


「馬の糞だよ。いつも踏まれてひん曲がってる。おめえの顔だよ」


「おい!いい加減にしねえか。これから朝めし食おうて時に品がねえな!」


「ほう!言ってくれたな。ここに品のあるやつがいるかあ!」


「ここにいるぞ!大工(でーく)の嘉一だよ!いつも銭が無くてひんひん言ってるぞ」


「まるで馬だな!」


「だから馬の嘉一と言うんだよ」


「あは、馬鹿一だ!」


 いつものことだがこの時間から立て込んで来る。


「お静ちゃん!こっちも頼むよ」


 めし屋の朝めしは一汁一菜と決まっていた。小鉢がおまけに付いていた。


 今朝の献立は、めしに大根の味噌汁とめざし三匹。小鉢は金平ごぼう。めしは盛り切り、汁は一杯と決まっていた。


 朝五つ(八時)近くなると店内はがらーんとする。客は一人になった。


「お静ちゃん、先生の所へ持って行ってくれ」


 今日もどんぶりめしにめざしが添えてあった。お静はもう何も聞かなかった。小さく返事して出て行った。


 お静の毎朝の仕事であるが、今日は兵馬に早く会いたかった。なぜかせつない。そして心が落ち着かないのである。


 起きていてくれれば良いが、大体は寝ている。いつも上がり框にどんぶりめしをそっと置いて来る。


「おはようございます」


 返事を待たずに引き戸を開け中へ入る。これはいつものことである。


「おはよう!」


 兵馬が声をかけて来た。


「あら!起きてらっしゃったのですか?」


「お静ちゃんの来るのを待っていた。待ち遠しかったよ」


「お腹空いたのですね。そうでしょう?どうぞ!」


「おっ、めざしが付いてる。いつもすまないね」


「先生、そのお姿どうしたのですか?お出かけですか?」


「うん、今日から暫く午前中出かける。もう直ぐ迎えが来ると思う。その前に腹ごしらえだ。早速いただくぞ!」


 いつもは着流し姿だが小袖に袴である。しかも髪も結直したのかきっちり結んである。凛とした男ぶりである。


「どなたかにお会いに行かれるのですか?」


 お静は胸が妬けた。伏し目がちになった。


「道場だ。指南を頼まれた。せいぜいひと月ぐらいだろう」


 お静はほっとした。


「どちらまでですか?」


「番町だ。店に戻らなくて良いのか?」


 戻るつもりでいるところへそう言われるとカチンときた。


「言われなくても帰りますよ!」


「どうした、怒る事ではないだろう。親爺さんによろしくね」


「わかりました。帰りますよ!」


 普通の会話だが、今日のお静は心がよれていた。その時、


「おはようございます。神代先生御在宅ですか?」


「村松殿のお使いですか?お入り下さい」


 兵馬の言葉にお静が気を利かせて引き戸を開ける。


「お入り下さいませ」


「あっ、奥方様!お初にお目にかかります。どうぞよろしくお願い致します」


 奥方様と言われて咄嗟のことに否定が出来ず、顔を赤らめた。


「お迎えに参りました。関口門之助と申します。どうぞお見知りおき下さい」


「神代兵馬です。お世話をおかけ致す。少々お待ち下され」


「先生!お食事中でいらっしゃいましたか、まだ早うございます。外に控えております。どうぞお召し上がり下さい」


 関口は表に出て引き戸を閉めた。後にぼーっとしてお静が立ちすくんでいる。


「お静ちゃん!どうした?」


 お静は両手で顔を思わず抑えた。自分で頬が熱いのがわかる。口が利けない。


「ははは、間違えられたか。すまなかったね」


 お静の心にもうよれなどはなかった。間違えられたことが嬉しかった。


 心が晴れ晴れとして来た。今日は良い天気だ。  


                        つづく

次回は5月29日朝10時に掲載します。